さいたま市西区で整体ならat(アット)三楽整体院

! 今ある痛みが取れるゆれるだけ、じっとしてるだけなのに?

0000199141.png

当院におまかせ! ≫ オステオパシー

オステオパシー

オステオパシー

オステオパシーは、1874年アメリカミズリー州在住の医師アンドリュー・テイラー・スティルによって創始されました。

日本には、明治から大正(1910年ごろ)伝えられ、カイロプラクテック・スポンディロテラピー等外来の療法・昔しながらの療法その他が合わさり日本独自の整体術となりました。

オステオパシーは、身体の体液環境(血液・リンパ液・脳脊髄液)を妨げる事により、身体の自己調整機能(自然治療力)が妨げられ、不調の原因と考え、骨構造だけでなく膜組織(筋膜・隔膜・硬膜・皮膚等)に働きかけて調整することにより身体に本来備わっている自己調整機能(自然治療力)を回復させていく療法です。              

1.人体は、全身が一つユニットである。
2.身体は、本来自己療力を持っている。
3.構造と機能は相互関係している。

ソフトな施術で筋肉や筋膜のバランスをとり脳や神経に優しい刺激を与えるテクニックを行っています。まずはお電話を!

モバイルサイト

at三楽整体院モバイルサイトQRコード

at三楽整体院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!